学術集会・各種研修会Meetings

第111回日本精神神経学会学術総会

お蔭様をもちまして、第111回日本精神神経学会学術総会は、盛会のうちに終了致しました。ご参加いただきました皆様、またご協力いただきました関係者の皆様に深く感謝申し上げます。

第111回 日本精神神経学会学術総会 翔たくわれわれの精神医学と医療-世界に向けてできること-

日本精神神経学会 会員 各位

第111回日本精神神経学会学術総会は、2015年6月4日から6日までの3日間、大阪国際会議場・リーガロイヤルホテル大阪にて開催いたします。
下記に、総会概要を記載致します。
本学術総会への多数の会員の皆様のご参加を、心よりお待ち申し上げております。

開催概要

大会テーマ 翔たくわれわれの精神医学と医療-世界に向けてできること-
Your Partnership for Psychiatry and Neuroscience in theWorld
会期 2015年6月4日(木)~6日(土)
会場 大阪国際会議場【ホームページ
リーガロイヤルホテル大阪【ホームページ
会長 岸本 年史(奈良県立医科大学精神医学講座 教授)
副会長 平井 基陽(奈良県精神科病院協会 会長)
ホームページ http://www.congre.co.jp/jspn111/
総会事務局 奈良県立医科大学精神医学講座 内
〒634-8521 奈良県橿原市四条町840
E-mail: psychiatry111@naramed-u.ac.jp
運営事務局 株式会社コングレ内
〒541-0047 大阪市中央区淡路町3-6-13
TEL: 06-6229-2555 / FAX: 06-6229-2556
E-mail: jspn111@congre.co.jp

参加費用

参加区分 事前登録 当日登録
会員 18,000円 19,000円
非会員 28,000円 38,000円
臨床研修医※1(=前期研修医)・
学生(大学院生を除く)・
ユーザー※2とそのご家族
1,000円

※1 会期当日(2015年6月4日~6日)の時点で、臨床研修医(=前期研修医)であることが条件となります。
※2 ユーザーの方は、原則として、精神障害者手帳か、療育手帳を参加受付でご提示ください。
※上記の参加費用にて、WPA Regional Congress OSAKA Japan 2015にもご参加いただけます


※専門医ポイントについて:
通常、1回の学術総会で取得可能な専門医ポイントの上限は300点ですが、本総会ではWPA Regional Congress OSAKA Japan 2015を併催することから、300点に加えて最大180点のポイントを取得できます。
当日のポイント取得方法はこちら(142KB)

事前参加登録・宿泊予約受付開始のお知らせ

◆事前参加登録はこちらから。
 事前参加登録につきましては、クレジット決済によるオンライン登録のみとなります。

◆宿泊予約受付はこちら

オンライン事前参加登録期間・宿泊予約受付期間:
2014年3月2日(月)~5月25日(金)正午 5月29日(金)正午まで延長
参加登録は終了致しました。

臨床研修医による演題投稿について

本大会では、臨床研修医(いわゆる前期研修医)による一般演題発表の場を設けることとなりました。

臨床研修医であれば例外的に本学会の会員でなくとも、本大会の一般演題に投稿が可能となります。
施設の精神科研修責任者ないし指導医の医師の名前が共同著者に入っている、という条件を満たせば臨床研修医による演題投稿を認めますので、是非周囲の臨床研修医に周知をお願いします。

  • 対象:演題投稿時点(2015年3月中)において臨床研修医である医師
  • 演題投稿方法:
    下記リンク先にある演題応募フォームをダウンロードいただき、運営事務局(jspn111@congre.co.jp)までメールにてお送りください。
    http://www.congre.co.jp/jspn111/rinsyou_endai.html
  • 発表方法:口演発表のみ
    ポスター発表は原則不可とします。
  • 演題受付期限:2015年3月31日正午 受付は終了致しました。

今回は臨床研修医の演題につきましても優秀発表賞が授与されました。下記5名の方が受賞されています。

山口 泰成 
(奈良県立医科大学精神医学講座)
R1-1 「レビー小体型認知症に伴う精神症状に対する修正型電気けいれん療法の効果について」臨床研修医演題1
関根 彩
(筑波大学附属病院精神神経科)
R1-3 「強い不安・焦燥感を主体とした嗜銀顆粒性認知症とレビー小体型認知症の合併が疑われた2症例」臨床研修医演題1
小林 七彩
(東京都保健医療公社豊島病院)
R2-4 「東京都区西北部精神科救急における危険ドラッグ使用患者の臨床的特徴」臨床研修医演題2
森田 進
(東京大学医学部附属病院)
R2-5 「多彩な体感幻覚症状にsertralineが著効した発作間欠期不快気分障害の1例」臨床研修医演題2
半田  剛久
(東京医科歯科大学附属病院精神科)
R3-3 「レビー小体型認知症のジセステジアに対してタンドスピロンが著効した一症例」臨床研修医演題3

演題登録について

演題登録はすべて終了致しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

抄録集について

本大会におきましては、会員の先生方はスマートフォン端末のアプリやWebサイトから、抄録を開催日より事前に閲覧いただけます。
※抄録集冊子の販売は従来通り、学術総会期間内に実施いたします。

第111回総会抄録集閲覧サイトについて(ログインが必要です)

ページトップへ