公益社団法人 日本精神神経学会

English

学術総会・各種研修会|Meetings

2020年度第1回 ICD-11精神、行動、神経発達の障害 診断ガイドラインに関するトレーニングセミナーについて

更新日時:2020年3月31日New

【お知らせ】
本研修会は新型コロナウィルスの感染拡大を鑑みて、開催中止を決定いたしました。
今後のセミナー開催につきましては、ホームページおよびメールマガジンにてお知らせいたします。

 

本学会ICD-11委員会では、第116回学術総会の後の時間帯で、表題のセミナーを開催いたします。 ICD-11精神、行動、神経発達の障害 診断ガイドラインの作成メンバーから直接トレーニングが受けられる貴重な機会となります。是非ご参加いただきたくお願い申し上げます。

開催概要

日時

2020年6月20日(土) 15時30分~19時30分、 6月21日(日) 9時~16時
※6月21日は、途中1時間の昼休憩あり。昼食をご用意いたします。

会場

TKPガーデンシティ仙台(宮城県仙台市青葉区中央1-3-1, JR東北本線 仙台駅 西口 徒歩2分)

講師

Geoffrey M. Reed教授
(Columbia University, Department of Psychiatry / WHO, Department of Mental Health and Substance Abuse)

Cary Kogan教授
(University of Ottawa, School of Psychology (Clinical), Centre for Psychological Services and Research)

司会

神庭 重信 (日本精神神経学会理事長、日本精神神経学会ICD-11委員会委員長)
丸田 敏雅 (日本精神神経学会ICD-11委員会副委員長、聖徳大学保健センター)
秋山 剛  (日本精神神経学会ICD-11委員会副委員長、NTT東日本関東病院精神神経科)
松本 ちひろ (日本精神神経学会ICD-11委員会委員、ICD-11フィールドスタディ国内コーディネーター)

使用言語

セミナー講師の講演は英語で行います(※同時通訳無し)。ただし、事前に英語資料および日本語に翻訳した資料をメール配布いたします。
ただし、質疑応答は通訳を介して日本語で行います。質疑応答の際は、日本語でご質問をいただきたくお願い申し上げます。

参加費

15,000円

定員

170名 ※参加は、当学会会員に限ります。

セミナー概要

ICD-11 第6章 Mental, behavioural or neurodevelopmental disorders  の下記項目のうち7~9項目程度を取り上げ、診断ガイドラインの解説やケースビネットを用いたワークショップを行うことを予定しています。

  • Schizophrenia and Other Primary Psychotic Disorders 
  • Mood Disorders
  • Anxiety and Fear-Related Disorders    
  • Obsessive-Compulsive and Related Disorders
  • Disorders Specifically Associated with Stress
  • Feeding and Eating Disorders
  • ASD and ADHD (from Neurodevelopmental Disorders)
  • Disruptive Behaviour and Disruptive Behaviour Disorders
  • Bodily Distress Disorders
  • Disorders Due to Substance Use 
  • ‘Behavioural Addictions’ and Impulse Control Disorders
  • Personality Disorders

精神科専門医更新のための取得単位

A群6単位(予定)
なお、遅刻・途中退出の場合は時間に応じて一部の単位は付与されませんのでご留意下さい。

その他

本セミナーは、録画を予定しております。配信予定は未定ですが、当学会会員等へ映像配信される可能性がございますこと、予めご了承いただけますと幸いです。

本セミナーに関するお問合せ先

Email:jimu-icd@jspn.or.jp

このページの先頭へ