学術集会・各種研修会Meetings

「第4回精神科臨床における多職種チームの活かし方」フォーラム開催について

~単剤化・低用量化における多職種チームの役割~

精神科臨床における多職種チームの活かし方についてグループディスカッションを交え、幅広い分野の方々と意見交換ができるフォーラムを開催致します。 日本精神神経学会会員の先生方でなくとも、医療従事者の方であればどなたでもご参加いただけます。
皆様、奮ってご応募ください。

日時

2017年7月8日(土) 11時~16時40分

会場

TKP札幌駅カンファレンスセンター カンファレンスルーム3B
(〒060-0807北海道札幌市北区北7条西2丁目9ベルヴュオフィス札幌3F )

※札幌市営南北線 さっぽろ駅 16出口 徒歩1分
 JR函館本線 札幌駅 北口 徒歩2分
※【TKP札幌カンファレンスセンター】(南口)とは別の会場ですのでご注意ください。
 

プログラム

◆第1部◆ 11:00~12:50
・開会の挨拶
堀川 公平(医療法人コミュノテ風と虹 のぞえ総合心療病院)

・単剤化・低用量化への国の取り組み
山之内 芳雄(国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所)

・単剤化・低用量化のGood Practice(事例の提示)病院編
伊藤 耕一(特定医療法人社団慶愛会 札幌花園病院)

・単剤化・低用量化のGood Practice(事例の提示)クリニック編
長谷川 直実(医療法人社団ほっとステーション 大通公園メンタルクリニック)

・看護の取り組み

・心理職の取り組み
河田 祐輔(医療法人資生会 千歳病院)

<休憩>

◆第2部◆ 13:30~14:45
・薬剤師の取り組み
柳 智之(医療法人社団玄洋会 道央佐藤病院)

・作業療法士の取り組み
森元 隆文(札幌医科大学 保健医療学部)

・栄養士の取り組み
中村 友美子(医療法人耕仁会グループ 札幌太田病院)

・精神保健福祉士の取り組み
尾形 多佳士(医療法人社団 五風会 さっぽろ香雪病院)

<休憩>

◆第3部◆ 14:55~16:40
・グループディスカッション

・全体発表

・総合討論
香山 明美(公益社団法人宮城県精神保健福祉協会 みやぎ心のケアセンター)
松田 公子(医療法人静和会 浅井病院)

・閉会の挨拶
松田 ひろし(医療法人立川メディカルセンター 柏崎厚生病院)


※プログラムについては今後随時追加掲載いたします。
 

ご案内チラシ

  ご案内チラシは、下記からダウンロードいただけます。
 (お好きなサイズのファイルをお選びください。)

小サイズ (222KB) ・ 大サイズ (5MB)


参加費

医師 5,000円
医師以外の医療従事者 3,000円

※お弁当・飲み物付です。
※医療従事者以外の方はご参加いただけませんので、予めご了承下さい。

精神科専門医更新のための取得単位

3単位(学会・機構共通)を予定

参加定員

80名

参加申込み

参加お申込みフォームへのご入力と同時に、参加費用を下記口座にお振込みください。

お申し込みはこちら

【振込口座】
みずほ銀行 本郷支店 普通預金 1707356
シャ)ニホンセイシンシンケイガクカイ

※お振込みされる際に
(会員の方)「F4」+「会員番号」+「お名前」
(非会員の方)「F4」+「お名前」
をご入力ください。病院名は入れないで下さい。

※参加費については、キャンセルされても返金いたしかねますので、予めご了承ください。
 

申込締切

2017年6月28日(水)
※定員(80名)になり次第、締め切らせて頂きます。
 

お問い合わせ先

日本精神神経学会 事務局
tashokushu-forum@jspn.or.jp

ページトップへ