公益社団法人 日本精神神経学会

English

学会活動|Activities

若手国際シンポジウム発表賞(募集要項)

更新日時:2020年8月26日

日本精神神経学会 第117回学術総会 若手国際シンポジウム発表賞 募集要項

「若手国際シンポジウム発表賞」は日本精神神経学会の国際交流活動の活発化を目的として、国際学会で優れた発表活動をする若手会員を若干数選考し、授与する賞とする。

 

対象

第117回日本精神神経学会学術総会で開催される Fellowship Award Symposium (※)において、シンポジストとして登壇し英語で発表を行う日本精神神経学会の若手会員。

日程:2021年6月17日もしくは18日

場所:国立京都国際会館
(COVID-19の状況によっては感染拡大防止のため、会場ではなくオンラインで開催する場合もありますので予めご承知おきください。)

※ Fellowship Award Symposium について
日本精神神経学会では、毎年優れた海外の若手医師12名に対してFellowship Awardを授与し、年次学術総会にてシンポジウム発表の場を設ける事業を行っています。本シンポジウムでは、Fellowship Awardを受賞した海外の医師のほか、日本の医師数名にも発表者を毎年務めていただいており、2014年より日本人発表者について公募を行っております。2021年(第117回学術総会)より若手国際シンポジウム発表賞として公募いたします。

 

応募条件

  • 学術総会のFellowship Award Symposiumでシンポジストとして英語で発表する
  • 学術総会参加時の年齢が40歳以下、または精神医療経験10年以下である
  • 過去に若手国際シンポジウム発表賞を受賞していない

 

シンポジウム発表テーマについて

以下2テーマのいずれかからお選びください。

1.Gambling disorder

Regarding the attached file (Gambling disorder) , applicants are kindly asked to submit their abstracts including some of the items specified in the following sections 1-4.

  1. Background factors as a country

    Such as the types of legal gambling available in your country (including foreigner-only casinos and illegal gambling), their economic scales, accessibility, prevalence of gambling disorder, susceptible age, social backgrounds (e.g., poverty), and social problems in gambling or presentation of such problems if relevant statistics are unavailable.
     
  2. Systems for treatment and consultation 

    Such as whether or not the treatment of gambling disorder and related consultation are provided as part of healthcare services, the number of treatment facilities, availability and details of standardized treatment programs, consultation facilities and systems, similarities and differences between the treatments of this and substance use disorder, hospital-clinic collaboration, scope of counseling, and medical insurance coverage.
     
  3. Prevention and education

    Such as prevention education for school-age children and students (e.g., mental health education), approaches for individuals with increased risks (including methods to identify them), support for patients with early-stage/mild conditions, family support, supporter training, and awareness-raising activities. 
     
  4. Future perspectives

    Please describe future plans to address gambling disorder in your country or your opinion about desirable measures to be adopted on a nationwide or global basis. 

 

2. Case Vignette

Regarding the attached file (Case Vignette) , applicants are kindly asked to submit their abstracts meeting the following.

  1. How would you diagnose this case? Please include testing methods, comorbidities, and differential diagnosis in your answer.
     
  2. Please describe the current status of child abuse and other relevant issues in your country. Any supplementary information about your country's unique social background is a welcome addition.
     
  3. What treatment and intervention would you give to this patient and her family, if you came across this case? 
     
  4. Please tell us about the social resources, systems, and relevant legislations in your country that are intended to protect abused children.

 

応募方法

下記「若手国際シンポジウム発表賞申請書」を用いて、日本精神神経学会事務局まで、Eメールにて送付ください。
 

若手国際シンポジウム発表賞申請書(14KB) 
 

【書類送付先】
日本精神神経学会事務局 国際委員会担当
E-mail: jimu-kokusai@jspn.or.jp

 

締め切り

2020年10月15日(木) 2020年11月1日(日)に延長

 

選出

日本精神神経学会 国際委員会で選出を行う。

 

受け付けのお知らせ

若手国際シンポジウム発表賞申請書受付後、5営業日以内に日本精神神経学会事務局から、受付完了メールを送ります。申請書を送付いただいてから、1週間経過しても受付完了メールが届かない場合は、下記までお問い合わせください。

 

お問い合わせ先

日本精神神経学会事務局 国際委員会担当
E-mail:jimu-kokusai@jspn.or.jp

 

2020年8月
日本精神神経学会
国際委員会

このページの先頭へ