学会活動Activity

メンタルヘルスの集い(第32回日本精神保健会議)開催のお知らせ

本学会が共催しているフォーラムのご案内です。

呉秀三「精神病者私宅監置ノ実況」刊行100周年記念フォーラム
メンタルヘルスの集い(第32回日本精神保健会議)

 公益財団法人日本精神衛生会では、2018年3月3日(土)に「メンタルヘルスの集い(第32回日本精神保健会議)」を開催します。この会議は、「こころ」をめぐる重要な問題について、精神医療・保健福祉関係者だけではなく一般市民や当事者なども参加し、現状の課題や今後の対策について考えるものです。

 今回は、当会の前身「精神病者慈善救治会」を設立した東京帝国大学呉秀三教授の「精神病者私宅監置ノ実況及ビ其統計的観察」刊行100周年記念フォーラムとして、「“二重の不幸”から100年 ~わが国の精神医療がたどった道とこれから~ 」をテーマに行います。今、改めて呉教授の業績に光を当て、我が国の精神医療の歴史を再検証し、現状を把握し、今後の精神医療、保健、福祉を考えます。またフォーラムと併催で、精神病者私宅監置と日本の精神医療史に関する展示会も行います。入場無料、予約不要でどなたでも参加できます。ご来場をお待ちしています。

開催概要

テ ー マ:“二重”の不幸から100年 ~わが国の精神医療がたどった道とこれから~
日 時:2018年3月3日(土) 10時~16時(開場9時30分)
会 場:有楽町朝日ホール(JR山手線有楽町駅前マリオン11階)
参 加 費:無料 (事前予約不要、先着600名)

プログラム

午前の部 (10時~12時)
◆映画 「夜明け前―呉秀三と無名の精神障害者の100年―」(予告編上映)

◆対談 「日本の精神科医療における呉秀三先生の業績」
岡田靖雄(青柿舎・精神科医療史資料室)/橋本明(愛知県立大学教育福祉学部教授)


午後の部 (13時15分~16時)
◆シンポジウム “二重の不幸”から100年~わが国の精神医療がたどった道とこれから~

シンポジスト
 樋口輝彦 (国立精神・神経医療研究センター名誉理事)
 山本輝之 (成城大学法学部教授)
 田中秀一 (読売新聞東京本社調査研究本部主任研究員)
 山本深雪 (認定NPO法人大阪精神医療人権センター副代表)
 柏木一惠 (公益社団法人日本精神保健福祉士協会会長)
指定討論
 平川淳一 (一般社団法人東京精神科病院協会会長)
 本條義和 (公益社団法人全国精神保健福祉会連合会理事長)
コーディネーター
 夏苅郁子 (やきつべの径診療所)
 藤井克徳 (日本障害者協議会代表)
総合司会
 池田真理(東京女子医科大学教授)

 

主 催:公益財団法人日本精神衛生会
共 催:公益社団法人日本精神神経学会/公益社団法人日本精神科病院協会
    一般社団法人東京精神科病院協会/公益社団法人日本精神神経科診療所協会
    日本精神保健福祉政策学会/日本精神医学史学会

お問い合わせ先

公益財団法人日本精神衛生会 事務局
http://www.jamh.gr.jp