公益社団法人 日本精神神経学会

English

お知らせ

新型コロナウイルス感染症患者の増加に際しての電話や情報通信機器を用いた診療や処方箋の取扱いについて

日本精神神経学会会員各位

公益社団法人日本精神神経学会
オンライン精神科医療検討作業班
班長 稲垣 中

日頃より学会活動にご協力賜り誠にありがとうございます。

現在、新型コロナウイルスの感染が急速に拡大していることが問題となっておりますが、感染拡大防止の観点から慢性疾患等を有する定期受診患者等が継続的な医療・投薬を必要とする場合の電話や情報通信機器を用いた診療や処方箋の臨時的・特例的な取り扱いに関する事務連絡が2月28日と3月19日に厚生労働省医政局医事課より発出されました。電話再診に伴う処方箋発行に関連した重要な文書ですので、下記、PDFを御一読ください。 

 

新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて(その10)(令和2年4月10日)

新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の 時限的・特例的な取扱いについて(令和2年4月10日)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等において公費負担医療を受ける場合に必要な証明書類について(令和2年4月10日) 

 

過去資料

https://www.mhlw.go.jp/content/000602230.pdf(事務連絡 令和2年2月28日)

https://www.mhlw.go.jp/content/000617819.pdf(事務連絡 令和2年3月19日)

 


 

このページの先頭へ