公示情報

神奈川県
帝京大学医学部附属溝口病院精神神経科 精神科専門医研修プログラム
基幹施設 帝京大学医学部附属溝口病院
連携施設 医療法人社団 清愛会 七生病院、医療法人社団 ハートフル川崎病院、一般財団法人聖マリアンナ会 東横惠愛病院、IMSグループ医療法人社団明芳会 江田記念病院
プログラムの特徴 精神科医としての知識、技能などを習得するとともに患者の人権を配慮した思いやりのある医療態度や倫理観、学問的なリサーチマインドの涵養に資することができる。3年間の研修プログラムの中で各施設をローテートし、一般精神医学、児童思春期精神医学、認知症などを含めた老年期精神医学、器質性精神医学、コンサルテーション精神医学などの急性期、慢性期の治療を、外来治療や救急治療、任意入院、医療保護入院、措置入院などの多彩な入院形態で経験することができる。川崎市高津区保健福祉センターが行っている精神保健相談事業(家族相談、訪問診療など)、川崎市北部リハビリテーションセンターが行っている家族教室、神奈川県精神保健福祉センターが行っている自殺予防セミナーへの関わりを通して地域社会での幅広い精神保健に関する実践活動を行っており、社会の中で生活する精神障害者をどのように支えるのかといった、本邦が目指す精神保健モデルの現場を体験し、考察を深めることができる。研修基幹施設:帝京大学医学部附属溝口病院精神神経科:これまで精神科専門医研修施設、卒後臨床研修病院、帝京大学医学部の臨床実習病院としての役割を担ってきた。精神神経科としての病床はないが、以前より地域の精神科病院と連携しながら精神科臨床を行ってきた。外来部門だけではあるが、精神病圏はもとより気分障害、不安障害、適応障害、パーソナリティ障害などといった現代社会のストレスに起因する幅広い疾患の治療に当たっている。また、院内他科からのコンサルテーションの症例も豊富である。指導医は3名。連携施設:医療法人社団ハートフル川崎病院:昭和57年に開設されてから地域の精神科医療の中核を担ってきた精神科病院である。精神病圏、気分障害圏、不安障害、パーソナリティ障害などの幅広い精神科疾患の急性期、亜急性期、回復期、慢性期の治療を行っている。入院形態も多彩で、医療保護入院、措置入院といった非自発入院の症例も豊富である。近年では新病棟が竣工し、一般的な精神科治療のほか急性期治療、ストレスケアなど患者の状態やニーズに合わせた多彩な治療を経験することができる。またリハビリ部門では精神科大規模デイケアのほかに、近年ニーズが高まっている復職のためのリワークプログラムを擁している。指導医は2名。連携施設:一般財団法人聖マリアンナ会東横惠愛病院:297床の病床を擁する精神科病院で、精神病圏、気分障害圏、不安障害、パーソナリティ障害などの幅広い精神科疾患の急性期、亜急性期、回復期、慢性期の治療を行っている。入院形態も多彩で、医療保護入院、措置入院といった非自発入院の症例も豊富である。また専門性の高い児童思春期病棟、認知症病棟があり、鑑定入院も受け入れており、特色ある多彩な治療を展開している。指導医は3名。連携施設:医療法人社団明芳会江田記念病院:神奈川県横浜市北部に位置し、最寄駅からも至近の距離にある精神科病院である。病棟は精神科急性期治療病棟のほかに認知症治療病棟、内科医療療養病棟、特殊疾患病棟などが併設されており、総合的視点に立った精神科治療を展開している。リハビリテーション部門として精神科デイケアがあり、その中で集団認知行動療法、SSTなどを行っている。指導医は1名。連携施設:医療法人社団清愛会七生病院
:1957年より日野市唯一の精神科単科病院として、地域に根ざした精神科医療を行っている。238床の入院病床があり、外来やデイケアと合わせて長年統合失調症などの精神病圏を中心とした医療を行ってきたが、近年では地域のニーズに応えるように、認知症やうつ病圏、神経症圏の受診者も増えている。特に外来では神経症圏の患者が増えており、思春期の相談や受診も増えている。薬物療法のみならず、精神療法、カウンセリングを用いて患者様一人一人にあわせた丁寧な診療を心がけている。警察や自治体との連携も行い後方移送や、薬物や依存症といった症例にも対応し、年々診療の幅を広げている。常勤医、非常勤医ともにベテランが多く豊富な経験をもとに指導が受けられる病院でもある。指導医2名。
基幹施設URL <帝京大学医学部附属溝口病院>
http://teikyo-mizonokuchi.jp/
専攻医募集ページ http://teikyo-mizonokuchi.jp/recruit/0800/
専門研修プログラム冊子
研修プログラムの詳細は下記から確認いただけます。
専門研修プログラム冊子