公示情報

京都府
京大精神科専門医研修プログラム
基幹施設 京都大学医学部附属病院
連携施設 杉田玄白記念公立小浜病院、独立行政法人国立病院機構 静岡てんかん・神経医療センター、医療法人藤樹会 滋賀里病院、大津赤十字病院、湖南病院、滋賀県立総合病院、医療法人栄仁会 宇治おうばく病院、医療法人稲門会 いわくら病院、特定医療法人福知会 もみじヶ丘病院、京都府立洛南病院、一般財団法人長岡記念財団 長岡病院、一般財団法人療道協会 西山病院、京都博愛会病院、独立行政法人国立病院機構 京都医療センター、京都市児童福祉センター診療所、地方独立行政法人京都市立病院機構 京都市立病院、社会福祉法人 京都社会事業財団 京都桂病院、医療法人貴生会 和泉中央病院、医療法人聖和錦秀会 阪本病院、大阪赤十字病院、地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪精神医療センター、公益財団法人田附興風会 医学研究所北野病院、医療法人恒昭会 藍野花園病院、医療法人光愛会 光愛病院、医療法人社団東峰会 関西青少年サナトリューム、公立豊岡病院組合立豊岡病院、医療法人社団緑誠会 光の丘病院
プログラムの特徴 3年間のプログラムでは、幅広い知識と経験を備えた精神科医を育成するため、大学病院、総合病院精神科、および精神科病院での研修を基本コースとしている。一方、専攻医の興味や志向性にも配慮し、児童思春期の専門医療機関や精神保健行政機関での研修、および京都大学大学院医学研究科での臨床研究など、多様な選択肢を用意している。基幹病院となる京都大学医学部附属病院の精神科は、大学病院精神科として最大規模の60床の閉鎖病棟を有し、難治性精神疾患、身体合併症、救急症例を含む精神科領域のほとんどのケースに対応しており、精神疾患の診断および治療について基礎的な知識と技能を身につける上で最適な環境である。また、基礎研究および臨床研究に触れる機会も充分に得られる。連携病院は大半が京都府とその隣の府県に位置し、医療面でも常に連携を行っている。大阪赤十字病院、北野病院といった都市型の総合病院精神科では、主に外来治療やリエゾン・コンサルテーション領域について経験を積む。また、精神科病床を有する場合は、身体合併症やストレスケアの入院治療も行っている。一方、洛南病院、いわくら病院などの精神科病院では、急性期入院治療を中心に、慢性期治療、認知症、物質依存などの治療経験を積みながら、地域医療についても学ぶ。豊岡病院や小浜病院といった地域の中核を担う総合病院精神科では、地域医療とリエゾン・コンサルテーション等を併せて学ぶことができる。さらに、京都児童福祉センターや京都市こころの健康増進センターでの研修、大学院での臨床研究など、専攻医の興味や志向性に応じて多様な選択肢を用意している。
基幹施設URL <京都大学医学部附属病院>
http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/
専攻医募集ページ
専門研修プログラム冊子
研修プログラムの詳細は下記から確認いただけます。
専門研修プログラム冊子