公示情報

岡山県
岡山県精神科医療センター連携施設 精神科専攻医研修プログラム
基幹施設 地方独立行政法人岡山県精神科医療センター
連携施設 医療法人社団東峰会 関西青少年サナトリューム、医療法人社団きのこ会 きのこエスポアール病院、社会医療法人高見徳風会 希望ヶ丘ホスピタル、岡山大学病院、一般財団法人江原積善会 積善病院、公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院、岡山県精神保健福祉センター、医療法人豊仁会 まな星クリニック、東古松サンクト診療所、広島市立病院機構 広島市立広島市民病院、沖縄県立宮古病院
プログラムの特徴  岡山県精神科医療センターは、24時間365日の精神科救急、「断らない医療」を実践している。
 児童から高齢者まで全ての年代の精神的危機に対応しており、幅広い領域の精神疾患の診断と治療を経験し、知識と技術を身につけることが可能である。また岡山県子どものこころ拠点病院、岡山県依存症治療拠点機関に指定されており、難治性精神疾患(クロザピン)地域連携拠点、岡山県災害時精神科中核病院でもある。

 精神的危機に直面している人を受け止め、生物-心理-社会-スピリチュアルな全体的視点でかかわれる医師を養成したい。患者に正面から向き合うことができる医師を輩出したいと考えている。当プログラムでは、すべてのライフステージでの危機状態に対応できる精神科医になれるよう、指導医も一緒に悩み切磋琢磨する。
 精神科医療の最前線にある基幹施設と粒ぞろいの専門施設からなる連携機関で、専攻医は精神科救急を皮切りに、児童精神科、依存症、認知症、司法精神科、リエゾン精神科、地域精神医療など幅広い領域の現場に専攻医の3年の間、身をおきながら、精神科医としての基本的な素養を身につける。

 1年目は、基幹施設である岡山県精神科医療センターにて、精神科医としての基本的な姿勢、基本的な知識と技術を学ぶ。2年目以降は、専攻医の関心領域に沿って専攻医と指導医とが協議して作成したオーダーメイドな研修プログラムに基づいて研修をおこなう。ローテートする施設は、当院各種専門病棟と地域医療部門、11ケ所の連携施設である。なお連携施設での研修は12ヶ月を限度とし、個別研修プログラムを実現するのに必要な期間を決定する。
 屋根瓦方式の研修体制をとっており、チームワークと多様性を大切にしている。医師はもちろんどの職種も風通しが良い。当院には数多くの初期研修医がローテートしてきており、後期研修医の研修施設として実績を積む中で、教え教えられる関係が根付いている。また基幹施設には臨床研究部があり、研究マインドをもって臨床をおこなう雰囲気がある。
基幹施設URL <地方独立行政法人岡山県精神科医療センター>
http://www.popmc.jp/
専攻医募集ページ http://popmc.jp/resident/
専門研修プログラム冊子
研修プログラムの詳細は下記から確認いただけます。
専門研修プログラム冊子