公示情報

広島県
広島大学病院連携施設 精神科専門医研修プログラム
基幹施設 広島大学病院
連携施設 医療法人社団更生会 草津病院、医療法人社団仁和会 児玉病院、医療法人社団緑誠会 光の丘病院、医療法人社団和恒会 ふたば病院、ナカムラ病院、県立広島病院、広島市こども療育センター、独立行政法人国立病院機構 賀茂精神医療センター、独立行政法人国立病院機構 呉医療センター、広島市立病院機構 広島市立広島市民病院、医療法人翠星会 松田病院、医療法人社団知仁会 メープルヒル病院、地方独立行政法人広島市立病院機構 広島市立安佐市民病院、医療法人緑風会 ほうゆう病院、医療法人せのがわ 瀬野川病院、医療法人仁康会 小泉病院、医療法人社団和風会 広島第一病院、特定医療法人大慈会 三原病院、医療法人社団恵愛会 安佐病院、医療法人社団せがわ会 千代田病院、医療法人社団吉田会吉田病院、地方独立行政法人広島市立病院機構広島市立舟入市民病院
プログラムの特徴 本施設群は23の研修施設から成っている。1年目は研修基幹病院で、2年目は総合病院精神科を、3年目上半期は精神科救急病院を、3年目下半期には専攻医の希望する研修施設をローテートしての研修予定である。専攻医は年に9名を予定している。研修基幹施設は広島市にある広島大学病院であり、主要な精神疾患の患者を受け持ち、精神医学・医療の基本を学ぶ。同時に、研究・学会発表に関しても、専攻医の希望に沿った領域の指導を受ける。また、広島大学病院精神科は睡眠障害専門外来を通じて、小児・思春期精神障害症例の受診が多数あり、児童青年精神医学を専門とする医師の指導を受け、入院・外来治療を経験する。指導医は8名。2年目の総合病院精神科においては、コンサルテーション・リエゾンや自殺企図症例の診察、サイコオンコロジーなどを共通して学ぶことが出来る。県立広島病院精神科は、特に摂食障害症例が多く、その身体管理も含めた治療を積極的に行っている。指導医は2名。呉医療センター・中国がんセンター精神科は、重症気分障害・難治性統合失調症などでの電気けいれん療法の施行数が多い。指導医は1名。広島市民病院精神科は、特に脳神経疾患・全身疾患に伴う器質性精神障害の症例が多く、脳神経内科との連携も密接である。指導医は3名。3年目上半期ではすべて精神科救急の指定病院で研修する。三原病院は、広い医療圏をカバーしており、医療機関における診療のみならず、地域における他職種と連携した精神医療を学ぶことができる。指導医は3名。瀬野川病院は、アルコール・薬物依存症治療における県内の中核的存在でもあり、SMARPP(スマープ)などの専門治療プログラムを実施している。指導医は7名。草津病院は、精神科急性期医療を中心的に担う一方で、ストレス関連疾患を対象にしたストレスケア病棟の整備や社会復帰のサポートシステムなども注力している。指導医は7名。3年目下半期には、各専攻医の関心と病院の特徴が合致する研修先を選択可能であり、専門医取得後の更に高度な専門性の獲得に繋がる研修となる。専門領域として、地域医療、社会復帰支援、老年期精神医療、児童・思春期精神医療、司法精神医療、総合病院精神科医療、薬物依存・アルコール症医療、気分障害リワークなど幅広く選択可能である。
基幹施設URL <広島大学病院>
http://www.hiroshima-u.ac.jp/hosp/
専攻医募集ページ https://home.hiroshima-u.ac.jp/seisin/senkoui_1.html
専門研修プログラム冊子
研修プログラムの詳細は下記から確認いただけます。
専門研修プログラム冊子