公示情報

広島県
広島市立広島市民病院連携施設 精神科専門医研修プログラム
基幹施設 広島市立病院機構 広島市立広島市民病院
連携施設 医療法人社団更生会 草津病院、医療法人社団緑誠会 光の丘病院、医療法人社団和恒会 ふたば病院、独立行政法人国立病院機構 賀茂精神医療センター、広島大学病院、医療法人翠星会 松田病院、医療法人社団知仁会 メープルヒル病院、医療法人せのがわ 瀬野川病院、医療法人社団和風会 広島第一病院、特定医療法人大慈会 三原病院
プログラムの特徴  広島市民病院精神科は、神経科・精神科として昭和41年3月に開設され、精神疾患のみでなく神経疾患にも対応してきた。時代の趨勢もあって徐々に専門分化し、2007年2月より精神科病棟28床が独立した。これまでも人事的には岡山大学、広島大学と交流があり、双方の治療文化を経験することが可能である。本プログラムでは11の連携施設の中から選択してローテートを行う。専攻医は入院患者の主治医となり、指導医の指導を受けながら、看護、心理、リハビリテーションなどの多職種と協働し、各種精神疾患に対して生物学的検査・心理検査を行い、薬物療法、精神療法、修正型電気けいれん療法などの治療を柔軟に組み合わせ最善の治療を行っていく。具体的には、1年目は広島大学病院で研修を行い、精神医学・医療の基本をじっくりと習得する。2年目には広島市民病院精神科において、器質性・症状性精神障害、コンサルテーション・リエゾン精神医療、重症気分障害などが数多く経験できる。3年目上半期の研修施設である瀬野川病院、三原病院、草津病院の各精神科専門病院は全て精神科救急システムに参画しており、統合失調症を中心に精神科救急症例も豊富である。また、地域精神医療、依存症も含めた幅広い診療を経験する。3年目下半期には、各専攻医の関心と病院の特徴が合致する研修を選択でき、老年期精神医療、児童・思春期精神医療、司法精神医療、薬物依存・アルコール症医療、気分障害リワークなどが学べる。これらの経験を通じて、まずは精神科ジェネラリストとしての臨床力を向上させることにより確実に専門医取得が可能となり、更に高度な専門性の獲得に繋がる研修となる。
基幹施設URL <広島市立病院機構 広島市立広島市民病院>
http://www.city-hosp.naka.hiroshima.jp
専攻医募集ページ
専門研修プログラム冊子
研修プログラムの詳細は下記から確認いただけます。
専門研修プログラム冊子