公示情報

徳島県
徳島大学病院連携施設 精神科専門医研修プログラム
基幹施設 徳島大学病院
連携施設 社会医療法人あいざと会 藍里病院、徳島県立中央病院、高松市民病院、独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター、香川県立丸亀病院
プログラムの特徴 本研修プログラムは徳島大学病院精神科神経科が基幹施設となり、提供する。当教室は四国で最も早く開設された。ここで育った多くの精神科医が臨床、研究の領域において精神医学の発展に大きな功績を残している。この長い歴史と優れた伝統をさらに発展させてくれるような優れた臨床医を育むことを期して本研修プログラムを作成した。基幹病院となる徳島大学病院の精神科神経科は、地域の基幹施設としてすべての精神疾患を診療している。このため、当院の入院施設および外来では、児童期より老年期に至るまでの幅広い精神疾患の患者と出会うこととなる。専攻医は、入院患者の主治医となり、教員の指導を受けながら、実際に治療にあたる。こうして、脳器質的要因、心理的要因、社会的要因をバランスよく考慮し、薬物療法・精神療法・その他の身体的治療法(電気けいれん療法など)を柔軟に組み合わせた最善の医療を学ぶことができる。さらに、当院は西日本の国立大学で最初に精神科作業療法・デイケアの両者を導入しており、看護師、心理士、作業療法士、精神保健福祉士と協働し、初期治療から社会復帰まで切れ目の無い医療を実際に身につけることができる。また、本プログラムは近隣の主要な5つの医療機関を連携施設としている。徳島県立中央病院精神神経科は地域の基幹施設として精神疾患患者の身体合併症治療、精神科救急医療に取り組んでいる。香川県立丸亀病院は香川県の中核病院として、急性期医療に取り組んでいる。高松市民病院は高松市の中心部にある総合病院で地域の基幹施設として精神疾患患者の身体合併症治療に取り組んでいる。四国こどもとおとなの医療センターこどもメンタルヘルス科は気分障害や統合失調症といった一般的な精神疾患以外に、摂食障害や解離性障害、広汎性発達障害の患者を数多く診療している。藍里病院は精神科救急医療から地域医療まで幅広く手がけ、アルコール依存症患者の自助グループ、家族支援を積極的に行っている。これらの施設をローテートするなかで多くの経験を経て、専門性とともに医師としてのプロフェッショナリズムも高めることができる。精神疾患はいまだ十分に解明されていない。本研修プログラムは精神医学の入り口である。今は分からないことを分かろうとする、今はうまく治せない病気を治そうとする、そのような取り組みを真摯に志すものには最先端の精神医学研究に携わることをすすめる。当教室では生物学的、心理学的、社会的な臨床研究をそれぞれ行っており、専門医取得に続けて学位取得も可能である。
基幹施設URL <徳島大学病院>
http://www.tokushima-hosp.jp/
専攻医募集ページ http://www.tokushima-psychiatry.jp/shin_senmoni.html
専門研修プログラム冊子
研修プログラムの詳細は下記から確認いただけます。
専門研修プログラム冊子