公示情報

東京都
国立精神・神経医療研究センター病院精神科専門医研修プログラム
基幹施設 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター
連携施設 社会医療法人函館博栄会 函館渡辺病院、埼玉県立精神医療センター、千葉大学医学部附属病院、医療法人社団碧水会 長谷川病院、国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院、東京医科歯科大学医学部附属病院、東京医科大学病院、東京大学医学部附属病院、公益財団法人東京都保健医療公社 豊島病院、東京都立墨東病院、医療法人社団欣助会 吉祥寺病院、医療法人社団新新会 多摩あおば病院、国立研究開発法人 国立成育医療研究センター、国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院、東京都立小児総合医療センター、神奈川県立精神医療センター、独立行政法人国立病院機構 さいがた医療センター、独立行政法人国立病院機構 小諸高原病院、熊本大学病院
プログラムの特徴 本施設群は19の施設から成っている。1、2年目は研修基幹施設または精神医学全般を研修することが可能な研修連携施設において精神医学一般的な内容について研修をする。2、3年目は専攻医の志向に合わせて基幹施設および研修連携施設をローテートし、よりその施設ごとにおける専門性、特異性の高い内容について焦点を絞って研修する。専攻医は年3名程度を予定している。研修基幹施設は小平市にある国立精神・神経医療研究センター病院であり、主要な精神疾患の患者を受け持ち、面接法、診断と治療計画、精神療法(特に認知行動療法)、薬物療法の基本を学ぶ。さらに、精神科救急、てんかん、睡眠障害、認知症、身体合併症、コンサルテーション・リエゾン、司法精神医学、難治性精神疾患治療(m-ECT,クロザピン)等、臨床を幅広く経験する。脳波(長時間ビデオモニタリング、睡眠ポリソムノグラフィーを含む)・CT・MRI・核医学検査(SPECT,PET)・光トポグラフィー・脳磁図などによる診断法について学習する。また臨床研究・学会発表についても指導を受ける。指導医は17名である。連携医療機関は、東京大学医学部附属病院、東京医科歯科大学医学部附属病院、東京医科大学病院、千葉大学医学部附属病院、熊本大学病院などの大学病院のほか、国立国際医療研究センター病院、国立がん研究センター中央病院、国立成育医療研究センターなどの国立高度専門医療センター、東京都立小児総合医療センター、東京都立墨東病院、東京都保健医療公社豊島病院、埼玉県立精神医療センター、神奈川県立精神医療センター、小諸高原病院、さいがた医療センター、多摩あおば病院、吉祥寺病院、長谷川病院、函館渡辺病院である。大学病院では、幅広い精神疾患に対応し、通常の薬物治療、精神療法に加えmECT、クロザピン治療、救急部との連携のもと身体合併症例が経験できる。国立高度専門医療センターでは、精神医学一般に加え、多職種協働チームでの身体合併症医療やリエゾン・コンサルテーション医療を数多く経験できるほか、児童思春期精神医学、がんと精神・心理との相互の影響を扱う精神腫瘍学(Psycho-Oncology)について深く学ぶことができる。さらに、県立精神医療センターや国立病院機構、精神科病院などの連携医療機関では、精神科救急、依存症、児童思春期、司法精神医学、へき地医療、地域医療、認知症などの豊富な症例をもとに幅広い精神科臨床の経験を積むことができる。
基幹施設URL <国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター>
http://www.ncnp.go.jp/
専攻医募集ページ
専門研修プログラム冊子
研修プログラムの詳細は下記から確認いただけます。
専門研修プログラム冊子