公示情報

埼玉県
浦和神経サナトリウム 精神科専門医研修プログラム
基幹施設 医療法人白翔会 浦和神経サナトリウム
連携施設 東大宮メンタルクリニック、新宿ゲートウェイクリニック
プログラムの特徴 本研修プログラムは,1つの基幹病院と2つの特色あるクリニックからなっています。基幹病院である浦和神経サナトリウムは,さいたま市の南部にある単科精神科病院です。浦和駅からも近く,都会型の精神科病院であり,気分障害圏の患者も多く,そのために埼玉県で初めてのリワークを開設しています。病棟は,精神科急性期治療病棟Ⅰと精神科一般病棟からなっています。病棟・外来では,統合失調症の初発例,再燃例,気分障害,不安障害,パーソナリティ障害,周辺症状を伴う認知症,思春期例など多くを経験できます。その他,アルコール依存症などの依存症の治療,合併症を伴う統合失調症の慢性期の治療を経験できます。また,措置入院の指定病床10床を有し,常に数名以上の措置入院者がおり,入院から退院までの流れを経験することができます。これらの治療は,地域の医療機関,保健所,心の健康センター,生活支援センターなどと連携して行っています。その他,デイケア,作業療法,訪問看護など社会復帰にも力を入れています。新宿ゲートウェイクリニックは,西新宿のオフィス街の入り口に位置していることから、症例としては気分障害圏の疾患が中心になりますが、適応障害や発達障害、パーソナリティ障害などの職場環境との関係で適応がうまく進まない疾患群も多くの経験を積むことができます。またそれ以外にも、指導医2名がそれぞれ特例子会社の産業医を積極的に引き受けているため、会社で理解を得ながら就労する精神障害者全般の就労支援に関する経験をすることもでき、その中には統合失調症や発達障害、器質性精神障害、精神発達遅滞などの疾患群も含まれています。東大宮メンタルクリニックは,東京・埼玉のベットタウンである東大宮駅前に立地をしていることから、気分障害や不安障害などの典型的な症例はもちろんのこと、統合失調症、認知症、発達障害、睡眠障害など、地域社会で見られるほとんどの精神疾患を幅広く受け入れています。夕方や土曜診療にも診療を行っているため、学生から社会人まで幅広い年齢層の患者が通院しており、学校や職場での適応に関する精神的問題も多く取り扱っています。また、昼間の時間帯には地域で暮らす精神障害者や高齢者の認知症など、様々な精神疾患に関する経験を積むことができます。民間精神科病院とそれに関連が深い連携施設で、厳しい中にもあたたかで思いやりに満ちたスタッフ間の協力関係を体験できます。このプログラムは,広く偏りのない視野を持ち,思いやりという人道的側面を大切にし,主体性かつ協調性のある,問題解決能力が高い精神科専門医を育てることを目的としたプログラムです。
基幹施設URL <医療法人白翔会 浦和神経サナトリウム>
http://sanato.info
専攻医募集ページ
専門研修プログラム冊子
研修プログラムの詳細は下記から確認いただけます。
専門研修プログラム冊子