公示情報

千葉県
浅井病院連携施設 精神科専門医研修プログラム
基幹施設 医療法人静和会 浅井病院
連携施設 日本医科大学千葉北総病院、新検見川メンタルクリニック、日本医科大学付属病院
プログラムの特徴 本施設群は4つの施設から成っている。1年目は研修基幹病院で、2、3年目は研修基幹病院の他、研修連携施設をローテートして研修する。専攻医は1名を予定している。研修基幹施設は千葉県東金市にある浅井病院であり、研修プログラムは、この地域の中核的な精神科病院として長年培われてきた臨床実践的な内容となっている。主要な精神疾患の患者を受け持ち、面接法、診断と治療計画、精神療法、薬物療法の基本を学ぶ。さらに、救急を含む急性期から慢性期、児童から老年期、任意入院から措置入院の他、司法精神医療、難治性精神疾患治療(m-ECT、クロザピン)など臨床を幅広く経験し、専門医にふさわしい十分な基礎を確立させることを目標とする。合併症病棟を併設しており、内科的な身体管理も内科医の指導のもとで学ぶことができる。多彩な精神科リハビリテーションプログラムを含む地域社会の中での実践活動を幅広く行っている。また、研究・学会発表についても指導を受ける。指導医は8名。以下日本医科大学付属病院、日本医科大学千葉北総病院、新検見川メンタルクリニックは研修連携施設である。東京都の千駄木にある日本医科大学付属病院では、高度専門医療機関として統合失調症、気分障害、神経症性障害などの治療に当たっており、m-ECTやクロザピンを用いた難治性精神疾患治療も積極的に行っている。また児童思春期外来を開設しており、入院を含めた児童思春期症例を幅広く経験できる。認知症を中心とした器質性精神障害の鑑別診断目的の紹介受診・入院も多い。また、コンサルテーション・リエゾン活動が盛んであり、一般病床における精神科的問題への介入の他、高度救命救急センターの自殺未遂者を中心とした介入も多数行っている。指導医は6名。千葉県印西市にある日本医科大学千葉北総病院では、高度救急医療および災害医療、がん拠点医療を提供するほか、地域医療の一端を担う総合病院として、メンタルヘルスに関わる幅広い疾患を対象に診断・治療を行っている。無痙攣性通電療法を積極的に行っているほか、全国に先駆けて光トポグラフィー検査の施設認定を受けており、気分障害の外来患者数は千葉県下でもトップクラスである。高度救命センターを有するため、コンサルテーションリエゾン活動が活発であり、がん拠点病院であるため緩和ケアにも力を入れている。また、定期的な心理療法の勉強会を行っており、外来治療にも積極的に認知行動療法を取り入れている。指導医は3名。千葉市にある新検見川メンタルクリニックは浅井病院のサテライトクリニックであり、物忘れ外来、アルコール外来、スポーツメンタル外来の専門外来を行っている。集団精神療法として認知行動療法・メタ認知トレーニング・プレリワークプログラムを行っており、また臨床心理士による個人カウンセリング、看護師や精神保健福祉士による精神科訪問看護、さらには医師による精神障がい者に対するスポーツ指導も行っている。指導医は1名。
基幹施設URL <医療法人静和会 浅井病院>
http://www.asaihospital.com/
専攻医募集ページ https://www.asaihospital.com/publics/index/63/
専門研修プログラム冊子
研修プログラムの詳細は下記から確認いただけます。
専門研修プログラム冊子