公示情報

東京都
NTT東日本関東病院 精神科専門医研修プログラム
基幹施設 NTT東日本関東病院
連携施設 医療法人社団翠会 陽和病院、東京大学医学部附属病院、NTT東日本伊豆病院
プログラムの特徴 本施設群は4つの施設からなっている。研修基幹施設は品川区にあるNTT東日本関東病院精神神経科で、高度先進医療を提供する総合病院において精神医療を提供している。患者の復職・再発予防を支援するリワークプログラム、復職者および主婦を対象とする集団認知行動療法、軽度の認知症の患者と家族のケアを目的としたしあわせプログラム、病棟看護師による自殺予防等を目的とするタイダルモデル、精神科リエゾンチームなどの多職種協働を実施している。説明同意の原則を重視し、無けいれん通電療法、持続鎮静について、詳細な説明書を用いているほか、任意入院時の行動範囲・安静度についても、医師の方針を説明した上で、患者から同意の署名を得ている。症例としては、気分障害とくに双極スペクトラム障害の患者が多いことが特色である。研修機関施設において、主要な精神疾患の患者を受け持ち、面接法、診断と治療計画、精神療法、薬物療法の基本を学ぶ。さらに、思春期症例、身体合併症、コンサルテーション・リエゾン、難治性精神疾患治療(m-ECT,クロザピン)等、臨床を幅広く経験する。また、研究・学会発表についても指導を受ける。指導医は3名。 研修連携施設は、東京大学医学部附属病院精神科、NTT東日本伊豆病院リハビリテーション精神科、陽和病院である。文京区にある東京大学医学部附属病院精神科では、自閉症、ADHDなどの発達障害について、育てにくさをもった子どもへの理解を深め、適切な褒め方、指示の出し方、親への支援についてについて学ぶ。また、光トポグラフィー検査を用いたうつ症状の鑑別診断補助について学ぶ。指導医は13名。NTT東日本伊豆病院の精神科は静岡県田方郡にあり、総合病院におけるリハビリテーションを重視しており、医師、看護師、臨床心理士、作業療法士、薬剤師などからなるチーム医療と、ゆったりとした療養環境での社会復帰への支援を特色としている。デイケアが併設されている。指導医は3名。 陽和病院は練馬区にあり、病院の開放化、長期在院患者さんの退院の促進などをすすめてきている。精神科救急医療を含む急性期治療も取り組むべき重要な課題と考え、スーパー救急病棟や急性期治療病棟などを整備している。認知症病棟、介護老人保健施設や訪問看護ステーションが併設されている。指導医は5名。
基幹施設URL <NTT東日本関東病院>
http://www.ntt-east.co.jp/kmc/
専攻医募集ページ http://www.ntt-east.co.jp/kmc/guide/neuropsychiatry/neuropsychiatry_program.html
専門研修プログラム冊子
研修プログラムの詳細は下記から確認いただけます。
専門研修プログラム冊子