公示情報

東京都
東京慈恵会医科大学附属病院連携施設 精神科専門医研修プログラム
基幹施設 東京慈恵会医科大学附属病院
連携施設 社会医療法人興生会 横手興生病院、医療法人新生会 豊後荘病院、医療法人恵愛会 青木病院、栃木県精神保健福祉センター、医療法人慈全会 那須高原病院、公益財団法人 西熊谷病院、医療法人秀峰会 北辰病院、公益財団法人復光会 総武病院、東京慈恵会医科大学附属柏病院、医療法人白百合会 大多喜病院、医療法人社団心和会 八千代病院、医療法人鳳生会 成田病院、医療法人社団光生会 平川病院、医療法人社団根岸病院、東京慈恵会医科大学葛飾医療センター、東京慈恵会医科大学附属第三病院、町田市民病院、清川遠寿病院、総合病院湘南病院、川室記念病院
プログラムの特徴 本研修プログラムは19の施設から成っている。原則として、1年目は東京慈恵会医科大学附属病院(本院)、2年目は東京慈恵会医科大学分院3施設、あるいは町田市民病院のいずれか、3年目はそれ以外の15の連携病院のいずれかをローテ―トする。専攻医は10名を予定している。まず、1年目の基幹病院である東京慈恵会医科大学附属病院(本院)の研修では、病棟で入院症例を中心に身体合併症症例、難治・急性期症例、児童症例、認知症症例を幅広く経験し、精神・薬物療法を主体とする治療手技、生物学的検査・心理検査などの検査手法を学ぶことにより、精神科医としての基礎的知識を身につける。さらに、定期的に開催される研究会に参加することにより、専門医に必要な知識を習得し、症例検討会や抄読会で発表することで、リサーチ・マインドを育成する。2年目には東京慈恵会医科大学附属病院・分院である葛飾医療センター、第三病院、柏病院の3病院、あるいは町田市民病院のいずれかで、主に外来業務に従事し、日常診察で多く体験する神経症をはじめ統合失調症、感情障害、器質性精神障害の診察をおこなう。さらに、コンサルテーション・リエゾンに従事し、他科や多職種との連携を経験する。3年目は、地域の中核病院(青木病院、大多喜病院、川室記念病院、清川遠寿病院、湘南病院、総武病院、那須高原病院、成田病院、西熊谷病院、平川病院、豊後荘病院、北辰病院、町田市民病院、横手興生病院;五十音順)のいずれかで、地域医療に従事し、独立して診察を行えるようになるべく検査手法、精神保健福祉法や社会資源についての知識と技術を深めていく。あるいは、行政機関の精神福祉センターで地域医療と行政のかかわりを経験する。研修先は、これらの連携機関の中から本人の志向にあわせて選定できる。なお、これら3年間のローテート順については、本人の希望に応じて柔軟な対応をおこなうため、多彩なローテートパターンが可能である。さらに、本人の希望に応じて3年を超える研修も可能である。
基幹施設URL <東京慈恵会医科大学附属病院>
http://www.jikei.ac.jp/hospital/honin/
専攻医募集ページ https://jikei-psy.com/entering/training-program/
専門研修プログラム冊子
研修プログラムの詳細は下記から確認いただけます。
専門研修プログラム冊子