公示情報

熊本県
精神科専門研修プログラム「くまもと」
基幹施設 社会医療法人芳和会 菊陽病院
連携施設 社会医療法人平和会 吉田病院、独立行政法人国立病院機構 肥前精神医療センター、特定医療法人富尾会 桜が丘病院、医療法人横田会 向陽台病院、医療法人城南ヘルスケアグループ くまもと南部広域病院、沖縄医療生活協同組合 沖縄協同病院
プログラムの特徴 本プログラムは、3年間で実臨床のリアルワールドの中で数多くの多彩な症例を経験してもらい、リサーチやサブスペシャルに偏重することなく臨床医として必要充分な技量をバランスよく身につけることができる臨床実践的な内容の精神科研修プログラムである。患者の立場に立ち、人権を尊重した全人的医療を学ぶことを通して、精神科専門医として求められる一般的な知識・技術の習得のみならず、医師としての人格の涵養、医療の社会性の理解を深めることもできる。施設群は6つの施設で構成している。1年目は基幹施設、2年目は、基幹施設と連携施設、3年目も基幹施設と連携施設(2年目よりも連携施設の期間が長くなる)を中心に研修する。基幹型施設の菊陽病院は、毎月精神科専門研修委員会を開催し形成的に指導し、多職種と協働して病院全体で精神科研修医を育ててきた。新医師臨床研修制度に於いても協力型病院として九州各県から毎年十名強の研修医の研修を受け入れてきた。菊陽病院に於いては、症例が豊富で、指導医は5名である。以下連携施設について述べる。肥前精神医療センターは、児童精神医学、嗜癖、司法精神医学など精神科の様々なサブスペシャル領域を有し、高度専門オールラウンド型精神科総合病院、リサーチマインドの涵養を学ぶことができる、指導医は17名。向陽台病院では指導医3名で、児童思春期の症例を学ぶことができる。桜ヶ丘病院では、指導医3名でmECTや司法鑑定の研修ができる。城南病院は指導医1名で、認知症/リエゾンの研修ができる。沖縄協同病院は、指導医1名で、リエゾンや一般科でのアルコール関連問題の研修ができる。いくつかの協力施設群においては、睡眠障害、てんかん、SPECT/ダットスキャンの読影、ネット依存、小学生以下の発達障害、MINAMATA病の研修が可能で、オプションとして選択できる。また、精神科と密接に連携している公的機関の見学なども可能である。連携/協力施設群全体で、精神科実臨床の中で、小児から老人まで、すべてのライフステージでの多彩な症例を十二分に研修できるのが、本プログラム特徴である。
基幹施設URL <社会医療法人芳和会 菊陽病院>
http://www.kikuyouhp.jp
専攻医募集ページ http://www.kikuyouhp.jp/psyc_training/index.html
専門研修プログラム冊子
研修プログラムの詳細は下記から確認いただけます。
専門研修プログラム冊子